はじめてホームページ・ネットショップの作り方、その選び方で本当に合ってる?後悔しないサービスとは・・

ホームページ・ネットショップの作り方 web制作

今の時代、ホームページやECサイトを持つことは実にハードルが低くなりました。

実際、私たちが始めた頃はプログラムの知識が無いと制作は困難でした。

でも今は、ある程度のサイトでしたらプログラムの知識は全く必要なく、誰でも簡単に制作することが出来ます。

 

ホームページやネットショップを持つには、それこそ数百万円をかけてプロに依頼する方法から、無料で構築できるサービスまで様々なものがあります。

次から次へと新サービスが出てくるので、追いかけるのも大変です。

 

良く、初心者の方にどんなサービスで使ったらよいのかご相談を受けますが、都度おすすめするサービスが異なります。それは新サービスが出る事よりも、その方の目的によって最適なサービスが異なるからです。

 

「苦労して自力で作ったけれど、違うサービスで始めれば良かった・・」と言う後悔は、よく耳にすることです。

今日は、「ホームページ制作編」と「ネットショップ制作編」に分けていくつかのサービスの特徴をご紹介します。

サイト作りの入門編としてご参考ください。

ホームページ制作編

特定の方に向けたホームページの場合

例えば何か商売をやっていて、顧客への告知などにホームページを利用したい場合。又は団体の活動PRなど、数ページ程度の内容の場合です。

屋号を入力して検索のトップに表示させることは、特別難しいことはありません。

(その屋号が複数存在する場合は別ですが)

とにかく手軽に始めたい方は、下記のサービスがおすすめです。何といっても無料で始めることができます。

Jimdo(ジンドゥー)は海外で生まれたサービスですが、日本国内でも100万サイト以上の実績があります。

よく比較される類似サービスではWix(ウィックス)やAmeba Ownd (アメーバ オウンド) などがあります。

いずれも特別業者にお願いする必要などは無く、多少のパソコン操作が出来る人ならほとんどの方は自分で作製できるでしょう。

しかもデザインもプロが作ったかのようなおしゃれなデザインで作製できます。

不特定の方に向けたホームページの場合

同じ商売でも新規の顧客を呼び寄せたい。そんな場合には屋号ではなく、商品名やサービスで検索されることを意識しなければなりません。

ある特定のキーワードで検索された時、表示されるように適合させることをSEO(エスイーオー)と呼びます。

つまりライバル店に負けない為にはSEOをしっかり対策する必要があります。

そうした強いサイトを作る為には、ただ数ページ作っておしまいという形ではなく、常に新商品の情報や材料のことなど、今後顧客となりうる方々に向けた細かい情報提供が必要となります。

そうした裾野の広いサイトを作るには、やはりWordPress(ワードプレス)がおすすめになるでしょう。

こちらは、運営自体は無料ですが、ドメインの取得(更新)料とレンタルサーバー代として年額1万円前後がかかります。

最初の開設には多少の知識が必要ですが、運用自体はそれほど難しくありません。

(開設までは外部に委託して、運営を多少勉強するのもアリでしょう)

 

ワードプレスには「WordPress.org」と「WordPress.com」があります。
ここで説明するのは「WordPress.org」を指します。

他の人との交流を優先したい

先に紹介したワードプレスもブログ(日記)形式ですが、ブログサイトを始めるならもっと簡単で無料で始められるサービスがたくさんあります。

これらはそのサービス内ですでにコミュニティが形成されていますので、共通の趣味の方などと交流の好きな方にはおすすめできます。

また、似たようなコミュニティとして多くの地域で地元に特化した独自のサービスがありますので、それらを利用するのも良いでしょう。

 

こちらの無料サービスの難点は、サイトの収益化が難しいことです。

サイトに人気がでてくると、多少はお小遣い稼ぎが出来ないかと色気が出てくるものです。

そんな理由でワードプレスへ引っ越しされる方も多いのも事実です。

他にデメリットと言えば、万一サービスが中止されたらサイトが無くなることくらいですかね。

ホームページ制作のまとめ

この他にも「ホームページビルダ」など、ホームページを簡単に作れるソフトもあります。

但し、これだけトレンドの移り変わりが激しい時代には、正直パッケージタイプはお勧めできません。

今は3年もするとサイトの印象も古臭くなってしまいますので、その都度更新をしなければならなくなります。

またパッケージタイプの場合には、最初のソフト代のみならず、サーバーのレンタル代も月額で発生します。こちらが割と高かったりします。

 

一方無料で開設できるサービスはお値打ちではありますが、広告が入ったりアレンジできる内容が少なかったりなど、いろいろと制約がある場合が多いです。

拘りたい方の為には制約の少ない有料のプランも用意されていますが、結局月額〇〇円などと維持費がかかることになります。

ちなみに今後長くホームページを維持する予定であれば「独自ドメイン」は取得した方が良いでしょう。

独自ドメインとは、集合住宅に対する一戸建てのようなイメージです。

更には長期的なコスト、SEO対策、運営のしやすさなどをトータルで考えた場合、ワードプレスが一番お勧めできる方法となります。

ネットショップ制作編

お手軽ネットショップ制作

・・さてここからは、ネットショップのご紹介になります。

上記は、いわゆるホームページでしたが、そこにカート機能を持たせたものです。

メールや電話などで問い合わせなどする必要がなく、サイト内で買い物ができる仕組みです。

「ECサイト」「ネットショップ」「ネット通販」「オンラインショップ」「ウエブストア」など呼び方は異なりますが、全て同じものです。

大きなモールへ出店する場合

インターネットの魅力は、皆さんもご存知のように、世界中とつながっていることでしょう。お買い物をする際も、部屋にいながら日本中(世界中)のお店の中から欲しい商品を探すことが出来ます。

そうした場合、価格を比較してどれだけでも安いところから購入しようとするのは当然の心理ですよね。

特にメーカー型番のあるような商品を仕入れて売る場合には、やはりモール型のサイトへ出店するのがおすすめです。国内で代表的な人気モールと言えば下記の3店です。

それぞれ、ポイントなどの特典がありますので、人によってはここでしか買わないと決めている方も多いです。

 

出店するための手数料は基本価格は決まっていますが、実際はお店の規模などにより異なります。

抜群に知名度の高いモールで販売できる分、売り上げから相応の手数料を収める必要はあります。

どのモールを選ぶかはそれぞれの好みにもよりますが、商品を並べるだけならアマゾン、よりお店のカラーを強調したい場合は楽天市場、手数料を抑えたいならばヤフーショッピングなど、それぞれのモールの特徴をみて比較すると良いです。

また男性はアマゾン、女性は楽天市場を使用する傾向にあるなどのデーターもありますので、自分に合ったモール選びの参考にするのも良いでしょう。

独自のショップが欲しい場合

モールとは違い個人でECサイトが欲しい場合、一番手軽なのはASPと呼ばれるサービスを利用する方法です。

こちらはカートの仕組みをレンタルするイメージです。

こちらのメリットは、何といっても自分一人のお店で、それなりにカスタマイズできることです。

モールと違い、売り上げに対する手数料を取られることもありません。(カード手数料などは別です)

代表的な物には下記が挙げられます。

何れもプログラムの専門的な知識は不要で、ネットショップを作ることができます。

レンタルですから、月額の利用料が発生します。

運営費用はプランなどによっても異なりますが、月額数千円程度が多いです。

中小規模のお店がネットショップを始める場合、大多数の方がASPで制作されます。

また、個人でハンドメイド品を売りたい等、手軽に始めたい場合には無料で始められるサービスもあります。下記は、初期費用や月額利用料が0円で登録できます。

売れなければ経費はゼロ円、売れた時のみ6.6%(決済手数料+サービス利用料)の手数料が発生する仕組みです。

売上金額の少ない方は、トータルでこちらの方がお得になります。

但し、簡単に始められる反面、サイトの自由度は低くなります。

 

 

ASPを利用しない場合では、パッケージソフトを利用する方法や、独自に専用システムを構築する方法があります。

パッケージソフトについては、時代の流れに対応しにくいこともあり、「ネットショップ・オーナー5」などは既にサポート中止となっています。

 

またワードプレスを持っている方は、カートのプラグインを入れて運用する方法もあります。ただ本格的なお店を持つには不向きです。

ネットショップ制作のまとめ

ネットショップを作る場合は、先ずモールに出店するかオリジナル店を持つかの2択を考える必要があります。

間口を広げると言う意味では、両方でも良いですが、その分管理は大変になります。

 

ショップを運営すると、独自のサービスをしたいとか、他店と差別化を図りたい等、いろいろな欲も出てくることでしょう。

そうした場合、HTML、CSS、PHP、JavaScriptなどの専門的な知識が必要となりますし、場合によっては運営するサービスが対応していないケースも出てくることも考えられます。

初心者にとっては少しハードルが上がりますが、無料でしかも自由に設計したいのであれば、EC-CUBEなどがおすすめです。