検索ボリュームから考える初心者がコツコツ続けるためのブログ戦法

検索ボリューム ブログ ブログ運営

こんにちは、やまりょう(Twitter)です。

ここでは「検索ボリューム」をもとにした、初心者ブロガーにおすすめのブログ戦法を紹介します。

  • なかなかブログにアクセスが集まらない
  • SEOの勉強はしてるけど、実際に正しく実践できてるか分からない
  • 趣味ブログで小遣い稼ぎがしたい

こんな人にぜひ読んでもらいたい。

はっきりした正解がないブログ運営において、自分の努力の方向性を確認することにもなると思います。

初心者ブロガーがまず狙うべきは「検索ボリューム10~100」のキーワード

今回は超絶初心者向けなので、順を追って説明していきます。

検索ボリュームについて

念のため「検索ボリューム」って何?って話からしておきましょうか。

【検索ボリューム】
キーワード(検索窓に入力する言葉)が、1カ月の間にどれだけ検索されているのかを表す数値。

簡単に言うとこんな感じ。

ちなみにこの検索ボリュームは、Google広告(旧Google AdWords)のキーワードプランナーを使って調べることができます。

 

本来このキーワードプランナーは広告出稿のためのツールなんですが、これを利用することで、自分が狙う検索キーワードが実際にどれくらい検索されているのかを確認できるんですよ。

あらかじめキーワードの需要を確認しておくことで、検索されない無駄な記事を書かずに済みます。ブロガー、アフィリエイター御用達のツールです。

 

「無駄な記事」という表現にはいろいろ意見があると思いますが、検索されない記事を書いてもアクセスは集まらないのが現実です。

日常を綴るだけのただの日記もこれですね。

 

それを分かったうえで好きで書いてる人は良いんですよ。僕もサイトによって目的や方向性は変えてますからね。

とはいえ、あくまで「検索される記事を書きたい」のであれば、検索ボリューム(需要)ありきで考える必要があることは理解しておきましょう。

検索ボリュームが小さいほどライバルは少ない

さて、ここからが本題。

検索ボリュームから分かるのは、そのキーワードに対する需要でした。

 

情報飽和状態である現代では、需要があるキーワードほど記事が溢れています。

つまり検索ボリュームの大きいキーワードほどライバルが多いということです。

そこに、成果報酬が高額なアフィリエイト関連のキーワードが絡んできたら、さらに競争率は激しくなります。

 

初心者ブロガーが報酬目当てで参入するには、あまりにも高いハードル…。ほとんどの人が挫折します。

ですからまずは、なるべくニッチなキーワードで検索上位を狙って、着実にPVを伸ばしていく方が賢明というわけです。

検索ボリューム10~100くらいなら、最低限のSEOを学べば初心者でも簡単に検索上位を取ることができるんですよ。

できれば、検索ボリューム100~1000を狙いたいところなんですが、あくまで超絶初心者向けですからね。慣れてきたら徐々に上のクラスに行ってもらえたらと思います。

 

これはあくまで1つの戦法です。

ちなみに検索ボリューム10~100だと、2語~3語くらいの複合ワードになってくると思います。初心者はまずここを狙ってみましょう。

検索ボリュームの小さいキーワードを狙うメリットとデメリット

ここでもう少し、検索ボリュームの小さいキーワードを狙ううえでの、メリットとデメリットを見ておきましょう。

簡単に上位表示できる

まずはやはり簡単に上位表示できるというところ。

ニッチな市場なほどライバルは少ないので、簡単に1番になることができるという考えです。

 

改めて言いますが、検索ボリューム10~100のキーワードであれば、ドメインパワーがなくても簡単に上位表示できます。

100~1000になると少し難しくなってきて、1000~1万になるとSEOを踏まえたうえでちょっと工夫する必要が出てくる感じですかね。

リライト不要で長期アクセスが狙える

さらにいうと、検索ボリュームの小さいキーワードは順位変動が少ないのも特徴です。

一度上位に表示されたらなかなか下がることはありません。ほとんどリライトしなくても長期的に読まれる記事になりやすいんですよ。

 

ちなみに、このニッチな市場と「アフィリエイト要素」が上手く組み合わさると、長く稼いでくれる記事が完成します。

コンバージョンのことまで考えられると完璧です。

 

大きなライバルと戦うことなく、陰でコツコツ確実に積み上げていくのが弱者の戦法ですよ。

検索上位に記事が表示される仕組みを体感できる

検索ボリュームの小さいキーワードを狙うことで、自分が持っているSEO知識の確認もできます。

SEOは曖昧な情報も多く、実際に自分がどこまで正しく実践できているのか判断するのが難しいです。

特に最初のうちは自分がやってることが正しいのか不安ですよね。ブログを続けられない理由の1つです。

 

まずは、キーワードベースで記事を書いて、その記事が検索上位に表示される流れを体感してみてください。

検索ボリュームの小さな市場で確実に検索上位を取る。

実際に自分の書いた記事が上位表示されることで、自分の努力の方向性が正しいという自信が持てます。

 

やみくもにやって結果が出ず、途中リタイアしていくブロガーがあまりにも多い…。

今思えば、こうした小さな体験が、コツコツ続けられている一番の力になっていると感じます。

長期的な継続と記事数が必要

最後にデメリットを挙げると、長期的な継続と記事数が必要だというところですね。

ニッチな市場である以上、当然アクセスも少ないです。だから最初のうちは記事数でカバーする必要があります。

 

つまり、そもそも文章書くのが嫌いって人には無理な戦法です。長期で見ることができない人にも難しい。

よくTwitterなんかで「30記事で3万PV」とか「開始3カ月で月5万円」みたいな話を聞きますが、これはSEOとマーケティングを熟知したうえではじめてできることです。

 

正直、右も左もわからない初心者がこうしたサイトを作るのは、ほぼ不可能だと思っておくのが得策でしょうね。

個人的には、過度な期待をしないのもブログを続けるコツだと思います。

初心者がブログを長く続けるために

最後になりますが、実は僕自身、いきなり特化サイトを作って失敗した経験があるんですよ…。

他になんのとりえもなかったし、素人がちょっと調べた程度の知識ではそうそう上手くいきませんでした。

だから、時間がかかってもなるべく継続できるこのスタイルが肌に合ったし、そもそもこうせざるを得なかったんだと思います。

 

  • 長期的にブログ運営をしていきたいと思ってる
  • 淡々と記事を積み上げることができる
  • SEO、マーケティングを勉強中
  • 趣味ブログで小遣い稼ぎがしたい

こんなタイプの方にはよく馴染む戦法でしょう。

 

僕は最初に特化サイトで失敗してから、雑記ブログをつくり、そこで得た経験から複数の特化サイトを作っています。

結局ブログを続ける糧になるのは、ネットの情報ではなく、読者の反応だったり、自分で実践して体験してきたことなんですよ。

 

もしかしたらこれは、コツコツ積み上げられる人におすすめのブログ戦法というよりも、コツコツ続けるためのブログ戦法になりうるんじゃないかと思ってます。

早い段階で小さな成功体験をしてみてください。あとはそれを積み重ね、少しづつ規模を大きくしていきましょう。

ブログ運営
やまりょう

FFseeのweb担当。ブログ、アフィリエイト、ネットショップ運営歴3年。
最初の1年で失敗サイトを量産しながらも、今は6サイトくらいに落ち着いて半フリーランスな生活をしてます。

やまりょうをフォローする
\ この記事をシェアする /
スポンサーリンク
FFsee