SNSで副業を勧めるDMは何がヤバイの?ツイッターやインスタで注意すること

スマホ、インスタの副業DM勧誘ワークスタイル

ツイッターやインスタのプロフィール欄を見ていると「副業関係のDM禁止」と言う方をよく見かけます。

昔で言うところの「押し売りお断りシール」みたいな感じでしょうか。

インスタ・ツイッターの副業DMに注意

私自身は、SNSで副業のことをつぶやくことも無いですし、ましてDM勧誘などする気もありませんが、やはり最近の副業ブームに乗っかってカモを探す悪徳業者は多いのでしょう。

100%とは言いませんが、そういう勧誘は詐欺のケースが多い為注意してくださいね。

 

詐欺のカラクリや手口もいろいろありますが、パターンはいたってシンプルです。

要は全てがDMを送った側にメリットとなるように仕掛けられています。

「あなたも同じようにすれば儲かる」という流れでは、ねずみ講と同じようなパターンと思って良いでしょう。

 

こうした勧誘は無差別ですが、主婦などの情報弱者が狙われやすいと言われています。

また失業者や転職希望、離婚、鬱など、精神的に参っているようなワードを狙ってきますので、隙を見せないことも防衛の手段になります。

副業選びで絶対にしてはならないことでもご紹介しましたが、知らず知らず詐欺の片棒を担がされることはよくあります。

あなたの貴重な時間と資金をなくさないように気を付けてください。

 

ちなみにSNS単独で稼ぐためには、社会に影響力のあるような存在、いわゆるインフルエンサーになる必要があります。心配しなくてもこういう方には、もれなく企業関係者からオファーが届きます。

フォロワー数も少なく、大した影響力もないのに勧誘を受けたのならば、先ずは疑ってみるのが良いでしょう。

それでも副業を探したい

さて、私も副業(複業)をおすすめする立ち位置にいますが、同じムジナと思われたくなくて、こんな投稿をしています。

 

私の場合は「副業を斡旋する」というよりは「多様性な考えを持とう」の方がしっくりくるかも知れません。

副業はその手段のひとつです。

 

ちなみに私は農家に産まれました。

子供の頃、「日本は農業から工業国へと変わる」というような教育を受けて、当時最先端と言われた電子産業へ進路を考えました。

実際、日本は世界でも有数の工業国としてその名を轟かせましたが、その後のグローバルな流れと共に、苦しい立場に追いやられたのは皆さんも周知のことでしょう。

その間、コンピューターと言うものが発明され、瞬く間に会社でも使われるようになりました。それが今やスマホとなって、誰もが瞬時に情報を手に入れられる時代になった訳です。

 

一方、農家は平たんな道のりだったかといえばそうでもありません。

跡を継いだ同級生もいますが、彼らの仕事環境も大きく変化しています。

 

何が言いたいのかというと、

この先のことなど、誰も予見できる訳がなく、そして変化のスピードはどんどん速くなっているという事です。

 

言い換えれば、勝ち組だってずっと安定なんてことはありませんし、負け組だからって悲観することもありません。

 

仕事でも、従来の縦のつながりよりも、横のつながりが思わぬビジネスチャンスに発展するケースが多くなっています。農作物をECサイトで産地直送するなど、そうした例は多々あります。

今後は正業とか副業といった枠組みだけでなく、働き方に多様性が求められる時代となっているのは間違いありません。

 

副業DMは無視に限りますが、キャリアアップの手段として副業を考えるのは悪いことじゃないです。

これまでのお小遣い稼ぎという考えではなく、未来への安定材料として副業探しをすると良いでしょう。

ワークスタイル
トシ

人生をエンジョイするには、仕事も楽しく!
若者・主婦・中年に向けたパラレルワークスタイルを提案します。

トシをフォローする
\ この記事をシェアする /
スポンサーリンク
FFsee