CocoonとAll in One SEO Packのメタデータが重複するときの対処法

ブログ運営

Cocoonには標準でSEO設定の機能が備わっています。

これは、「タイトル」「ディスクリプション」「キーワード」を設定をすることで、記事の詳細を適切に伝える機能です。

 

しかし「All in One SEO Pack」を使っていると、これらのメタデータが重複する場合があります。

僕が運営していたブログでは、正直無視してても大した影響はなかったんですが、さすがに放置するわけにもいかないので修正しておいた次第です。

 

そんなわけで、今回はAll in One SEO Packの設定を残しつつ、重複したメタデータを1つにする方法を紹介します。

CocoonとAll in One SEO Packのメタデータが重複するときの対処法

「CocoonのSEO設定」と「All in One SEO Pack」が2つとも機能していると、メタデータが重複してしまいます。

簡単に対処法をいうと、使うのをどちらか一方に絞って片方の機能を停止させるのが手っ取り早いです。

All in One SEO Packの設定を優先させる

どっちの機能を使うか迷う人も多いでしょう。

しかし、これれまでAll in One SEO Packで設定してきた人はそのままプラグインを使った方が楽に対応できます。

 

All in One SEO PackからCocoonのSEO設定に移行する手もあるんですが、データベースを扱う必要があるので初心者にはちょっと難しいんですよね…。

Cocoonの機能を使うのが一番きれいな形なんですが、すでに記事をそこそこ書いてしまってる人は手動で移行するのも大変です。

下記で紹介する手順でパパッと対処して、空いた時間で記事でも書きましょう!

CocoonのSEO設定を停止させる方法

Cocoonに備わっているSEO設定を停止させるには、WordPressの管理画面より大きく2か所の設定を変更する必要があります。

  1. 投稿・固定ページ設定の変更(Cocoon設定→タイトル)
  2. headタグ設定の変更(Cocoon設定→SEO)

1、投稿・固定ページ設定の変更

投稿・固定ページ設定

まず、CocoonのSEO設定を無効にするには、「メタディスクリプションの出力」と「メタキーワードタグの出力」のチェックを外す必要があります。

チェックを入れていると、SEO設定ボックス内に文字を入力していなくても、自動的に記事前半の文章が抜粋されてしまうんですよ…。

この機能を停止させましょう。

Cocoon設定」→「タイトル」の中で設定できます。

2、headタグ設定の変更

headタグ設定の変更

もう一か所、All in One SEO Packで設定済みの箇所があります。

headタグ内に追加するlinkタグの設定です。

 

上記項目のチェックをすべて外してください。

Cocoon設定」→「SEO」の中で設定できます。

 

この手順で、簡単にメタデータの重複を防ぐことができます。

CocoonでAll in One SEO Packは一度確認してみてくださいね。

ブログ運営

FFseeのweb担当。ブログ、アフィリエイト、ネットショップ運営歴3年。
最初の1年で失敗サイトを量産しながらも、今は6サイトくらいに落ち着いて半フリーランスな生活をしてます。

やまりょうをフォローする
\ この記事をシェアする /
スポンサーリンク
FFsee